FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

「ワールドトリガーのオペレーター娘ショートギャグ漫画、描きました!」 


ワールドトリガーが連載再開され、
もうすぐ1年が経とうとしている嬉し味のとーしろさんです。

コミックスも半年に1冊くらいですが続きが発売され、

(葦原先生が健康で描き続けられるなら、
刊行ペースに文句はありません!
先生、健康に十分気をつけてがんばってください!)

20巻も楽しませていただき、
今回、その20巻の内容から少し思いつきのギャグネタ漫画を
かなり久しぶりに描いてみました。

ネタは、
A級8位片桐隊のオペレーター、結束ちゃんが、
20巻のB級ランク戦で試合後の順位変動を告げているコマが
DJの手元に見えた、というところから描いてみたモノです。

興味ありましたら、Pixivでご覧ください。

リンク⇒
DJオペ子の今日もランク戦は満員御礼
刀史郎@小説&ファンアート
https://www.pixiv.net/artworks/76247738

実は8月中にPixivにアップして、
活動報告のブログ記事を書くのを忘れていました(笑)

面白かったら評価してくださると、
とーしろさんが
遊真にお好み焼きを食べさせる影さんのように
メカか昆虫かってくらいに喜びます(なんだそりゃ)

ちなみに、以前にも描いたワールドトリガーの
ギャグショート漫画も紹介しておきます。

「ワールドトリガーの千佳ちゃんマンガ描いたよ!」
http://hinohana1beauty.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

こちらは上記の当ブログのリンク記事ですべて読めますが、

雨取千佳。大艦巨砲主義の目覚め
https://www.pixiv.net/artworks/45759653

上記のPixivで評価して頂けると
眼鏡人口が増えた宇佐美先輩のようにわきわき喜びます。

では、楽しんでいただけたら幸いです~♪



スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ワールドトリガー

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

「筆名の改名をしました。」 


前々から考えていたことだったのですが、
当ブログでも紹介していた
創作全般のペンネーム、

小生 刀史郎

から変更します。

これからは、

生佐勇 刀史郎 (いくさや とうしろう)

として創作物を作って行きます。

変更の動機は縁起担ぎです。
この2つを姓名判断したりすると、
なんとなく分かると思われます。

これからも、前向きに
読んだ人にパワーを与えられるような、
人の楽しさになる物語を目指して書いて行きたいです。

みなさま、どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ご挨拶

ジャンル: 小説・文学

[edit]

「夏のちょこっと活動記録。水着もあるでよ」 


夏ですね。
しかし、気紛れな台風の影響があったりで大変です。
かくいう地元金沢でも、
湯涌温泉への道路に影響があり、
湯涌周辺の観光地への客足の影響も出たりで、
秋のぼんぼり祭りまでの復旧が心配されます。

けれど、数回35℃クラスの猛暑でへばりましたが、
ここしばらくは少し過ごしやすい地元です。

そんな最近のことを、気紛れに珍しく、ブログに活動記録として書きます。
うーん、相変わらず前置きが長いな……。


☆   ☆   ☆


お仕事以外の取り組みでいうと、
まあ、小説原稿を書いております。

年の頭から新作の構想や設定やキャラ造形を地味に進めていたのですが、
それをどうにか本編の執筆に入っております。

さて、完成目指して地道に進めたいと思います。

その裏で、息抜きと称して少しイラストやプラモ製作なんかも
ちまちまいたしております。

プラモは本当、作業するのが不定期なので、
またカスタムが完成したらば、
まとめて当ブログの記事に出来たらと思います。



で、ここ最近は
反応が気になる承認欲求自己満足でのイラスト
からは距離をおいていたのですが、
気が向いて少し描きました。

ツイッタで見るのが楽しい、
FGOのマシュちゃんです。
ちょっと、このメガネの先輩っ娘が可愛くて、
しかも水着グラのCMもあって、描きたくなりました。

illust 170805c


線画は紙に色えんぴつなのですが、
彩色はPCでSAIを使ってかるく塗りました。

……はい、水着画像です。

お盆も過ぎればクラゲが浮き、海水浴≒水着のシーズンも過ぎるので、
この機に描いた水着イラストをアップしておきたかったんですよね。

ふい~っ 満足。(○´ω`○)ゞエヘヘ


◎   ◎   ◎


では、また地道に自分のやるべきことと向き合っていきますか。
ブログのことも忘れずにいたいですね。

あ、ちなみに
UVERの7月のニューシングルと8月のアルバムを
しっかりゲットして堪能しております。

なんだ、こうしてみると、
ストレスや不満のある日々でも、
自分もそれなりに楽しくやっているじゃないか。
うむ、ではこの楽しんで豊かになった心で、
誰かに楽しんでもらえる物語を書くように心掛けよう。

陸上のボルトも言っていたけれど、
取り組むことを楽しむのは大事ですよね。

つまりは、それなんでした。
書くって、自分の意識の再確認の作業でもあるので、
この日記もここまで書いて、それが確認出来て良かったです。

ではでは、今回は完全に個人的な内容でしたが、
読んでくださった方には感謝を。





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

「自著『舞緋蓮』シリーズ配信第4節開始です」 


こんにちは、とーしろさんです。
この度、拙作の小説
舞緋蓮ーウテナと晤の果てにー』の
後半、下編がブクログ・Pubooで配信開始となりました。

本日、5月20日より、
既にパブーで新作として公開されております。

殺陣モノ、任侠モノ、刀を振り回す黒髪ロングの女の子に
ご興味のある御仁は、是非ともご一読くださると、
とーしろさんも歓喜乱舞してまた執筆できます。

本作、第3幕『ウテナと晤の果てに』は
中編(6万~8万字ほど)の各章独立形式で、
今回は第3章からのお話になります。

秋の闇討ち犯とに太刀合いの禍根を心に抱く雪絵が、
そこから如何にして己の答えを導き出すか。

今回は少し長め(1、2章よりも長い)ので
3章を10回の配信を予定しております。

1回あたりの文字数はこれまでとほぼ同じです。

今回は、
6回目までを無料DL可とする予定です。
以降は各話に無料試し読みページを設け、
DLは1冊100円となります。

こちら、パブーのリンクです。



ご興味ある方は、是非試しに読んでみてください。
できれば第1幕から読むと、さらに楽しめます。

ではでは、
どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: オリジナル小説

ジャンル: 小説・文学

[edit]

「自著・『舞緋蓮』シリーズ第1作・ブクログPuboo配信作、期間限定無料配信のお知らせ」 


こんにちは。

これまで2年半に渡って、
序盤以外は有料配信しておりました、
自著『舞緋蓮』シリーズの第1作目、

舞緋蓮 ―刀郷武侠譚―

を、このたび、期間限定で無料ダウンロードを実施したします。

以下、詳細。






   ―――注意―――

新版<序> は序盤の二章途中までで、これまでも
常時、無料で配信しておりました。

新版<総括> は小説中盤から本作完結までが収録されたまとめで、
これまでは有料でのみ、ダウンロードが出来る仕様でした。

今回、この両方を期間限定で
無料でダウンロードできるキャンペーンを実施したします。

重ねて、10月20日AM0:00頃
~31日24:00までの
期間限定での無料配信となります。


   ―――――――――――――――――――


興味が御座いましたら、是非とも
期間中にブクログサイトにリンクでアクセスし、
本作をお手に取ってみてくださいますよう、
お願い申しあげます<(_ _)>


ではでは。




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: オリジナル小説

ジャンル: 小説・文学

[edit]

『舞緋蓮』第3幕開始!配信連載新シリーズ開始しました。 


お久しぶりです、こんにちは。おはうございます。<(_ _)>

しばらくライターのお仕事記事を減らして、
自分の小説原稿の執筆に取り組んでおりまし、とーしろさんです。

というあれで、
どうにか原稿にある程度の目途が立ち、
この度 5月30日 より、
自作の ブクログ・Puboo での配信連載が開始となりました。

以下になります。






ご興味を持たれた方は、どうぞご一読くださりますよう
是非是非に、よろしくお願い致します^^

現在、第1話が配信開始とりました。

今回は完結までのページ数が多いことが想定されておりますので、
(実は執筆自体はまだ最後まで行っていません(汗))

配信は 10日、20日、30日(月末の場合あり)

となっております。

第1話から数話(まだ未定です。おそらく3話くらいではないかと)は

無料ダウンロード&全ページ試し読み可能

となっております。重ねて、是非是非、
読んでみてください!いぇい!ヽ(´∀`)9 ビシ!!

ではでは、続きの執筆をがんばりましょうかね。
一体いつになったら完了するのかは、予定だけは立ててあるのですが、
果てなき荒野であるですぞ。

そのうえ、夏が来る。
暑いの苦手なんですよう~汗


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: オリジナル小説

ジャンル: 小説・文学

[edit]

「刀顕バトル小説『フェイス・ザ・エッジ  ~業遣師がゆく~』各所配信情報」 


最近巷では、刀女子なるモノがわきわきと蠢き、
全国の美術館に展示されている国宝や、重要文化財の刀、太刀を
観覧にくるという現象が起こっているそうです。

これは、通称『とうらぶ』というブラウザゲームが発信源。
刀が擬人化して、プレーヤーに仕えてくれるという内容ですが、
その擬人化刀が、腐の女性方に大変好評な

『美形・美男子』

であることが、ヒットの要因のようです。

好みの男のスガタをした刀に見惚れて、
実際の日本刀を観覧にいらっしゃっているという。

それについては、
まあよくある現象ですね。
然程珍しくもない。
(業界の高齢層には何事だ!?という感じでしょうが)


前置きとしてこういう事を書いていますが、
今回の記事は、決してとうらぶについて書きたいのではありません。

とーしろさんの執筆した長編小説

フェイス・ザ・エッジ  ~業遣師がゆく~

のご紹介がメインです。

しかし、なら何故いきなりゲームの話かというと、
この小説を語る際に、
どうしても、とうらぶについて触れないと、
こちらがあらぬ誤解を受けそうだという懸念があったからです。

それは何かと申しますと、
自作の内容にある数々の要素が、
とうらぶの中の設定やシステムと、
多々かぶっているところがある、ということです。

こういうと、

「お前が影響を受けて真似たんじゃないの?」

とか、

「パクリかよ。パクんなよ」

などという言葉が浴びせられそうなのですが、
それこそが、あらぬ誤解であり、
わざわざ明言して是正したところなのです。

というのも、
自作『業遣師』を書いたのは、去年の夏。

そして、とうらぶがサービスを開始したのは
今年の1月。


そしてこの作品は8月〆切の
某新人賞に投稿しています。

さておき、
自分がアイディアを考えた方が先である、
ということを、兎にも角にもはっきりさせておきたいのですよ。

とうらぶうんぬんではなく、
何かを真似している、という言葉を、
真摯にオリジナル作品を書くことに向き合って、
そのうえで書き上げたモノに言われるのは我慢なりませんから。

というか、
かぶる要素がちらほら見受けられても、
全然別モノの内容です。

テーマも見るべきところも、面白味もまた違います。

だから、尚更読んでみて欲しくあります。

当ブログでも以前語っていますが、
自分の書いたモノを、タダで切り売りするのは
とーしろさんの主義に反します。

それを去年末と2月中に渡り、
「Pixiv」と「小説家になろう」サイトで
公開しています。


……この公開は当然、とうらぶがあまりにも近似する要素が多い故の、
誤解を回避する為ではありますが、

この機に乗じて、とうらぶ繋がりで興味を持っていただこうという
魂胆もあったりします。

いやはや、とーしろさんも色々必死ですね(○´ω`○)ゞエヘヘ

長くなりましたが、
興味を持っていただけた方に粗筋とリンクをご紹介します。

  ―――――――――――――――――


フェイス・ザ・エッジ ~業遣師がゆく~

 日本刀に宿る邪念などが具現化して人に害を為す怪異、『妖威刀』
を祓う退魔の太刀『鏡命刀』 
――その遣い手、『業遣師』 の少女、棟角宗近。
北陸の大誠寺町を舞台に、祖父たちの名誉を取り戻すために、
宗近は業遣師として日々危険な仕事に挑む。

しかし宗近は真正の“日本刀愛”あふれる少女である所為で、
敵である妖威に情けをかけ、討ち損じるという失態を繰り返していた。

願いが有りながら、想いが行動を専心させない、未熟と葛藤の時代にある宗近。
ある時、祓いの場に現れた少年との出逢いを機に、
彼女のこころに変化が生まれていく。

これは目的のために闘いに身を投じ続け、
願う想いから信念を獲得する少女の物語。




「Pixiv」「小説家になろう」ともに
全文無料で読めますよ。
(ちなみに「なろう」の方は少し加筆してあります)

「Pixiv」
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4472151


「小説家になろう」
http://ncode.syosetu.com/n5514cm/

一応、1シリーズとして完結した作りになっている作品です。
文庫本1冊を読む気持ちでどうぞ~ヽ( ´∀`)ノうふふ♪

  ――――――――――――――――――

楽しんで頂けたら幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します<(_ _)>


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: オリジナル小説

ジャンル: 小説・文学

[edit]