FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

お絵描き「ワールドトリガー」 

自分的に今一押しのタイトル。以前の当ブログ記事でも書いたワールドトリガーより、
この作品のファンアートは初めて描きましたが。

主人公格の空閑遊真⇓

空閑遊真


ヒロイン格の雨取千佳⇓

雨取千佳


時間的に修が描き切れなかったよ。ごめんよ修。また今度。

⇓記事をご覧になってお気に召しましたら、ポチっとしてやってください。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ワールドトリガー

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

「舞緋蓮」シリーズ第2期 第12回配信開始です 

4月15日日に電子書籍配信サイト ブクログ・puboo より
自分の書くオリジナル小説 「舞緋蓮 -始まりの雪の日-」
が配信されました。

pubooで月2回(毎月15日と30日)の連載というカタチをとってきた配信ですが、この度の回を持ちまして第2シリーズは完結となります。

最終回はPDFファイルで18ページ(奥付込みで19ページ)で、
内11ページまでの試し読みも可能です。⇒http://p.booklog.jp/book/84805

坂本雪絵が刀に生きる道を志す始まりの物語。
幼い頃の雪絵に一体何が起こり、彼女は何を思ったのか。
それは本作を読み切ったあなたならばご存知のことと思いますので、ここで多くを語ることは致しません。

けれど流血刃傷沙汰の渦中にある刀の徒たちの一人である雪絵(ユイキ)と、左馬ノ介たちが本作で至ったのは始まりの地点でしかなく。
作中のこんな一節が本作を物語っています。

『「鳥が羽ばたいたのは、何処かに向かうべき光を見つけられたからなのだとす
れば。華が咲くのは、己にとって大切なモノが心に開いたからだろう。見つか
った想いが花開いた故であろう」
 舞に合わせて春花がそんな唄を歌った。それは先だっての一件から変わった
雪絵の様子を……彼女の心の内というモノを如実に表していて、左馬ノ介は感
慨深かった。』



その後の彼女達の物語に関しては、第1シリーズ
「舞緋蓮 -刀郷武侠譚-」に触れてみることをお勧めとお願いいたします。


ブクログ・pubooで第1、第2シリーズ共に第1話と第2話が、無料で試し読み&ダウンロード可能(PDFファイル)となっております。

⇒pubooサイト・自著配信作リスト

⇒第1シリーズ 序盤・無料ダウンロード可タイトル


次回作の予定は構想はあるのですが、プロットと細部の詰めは夏ごろから始めることになりそうです。

ストーリィの梗概は
雪絵が獅士堂一家に入った後、義母である春花との日常が描かれます。

その中には親友となる清家家の令嬢、清家仁美との出逢いと親交や
一家の中での雪絵と左馬ノ介のあれこれ。
寺崎外交官の登場も予定しています。

その日々に迎えられる出来事と、第3シリーズの結末への物語は……。

お楽しみに!!!
といって今は他の原稿に精を出していきます!

晩秋には配信開始したいと目論んでおりますです。

出来れば「小説家になろう」様の方の作品
「ディアトリニティ・ディアフレンズ」
の方も進めていきたい所存。

こちらの作品は同名サイトで全文無料で閲読できますので、興味ありましたら是非。⇒http://ncode.syosetu.com/n4326bv/

話としては「日常の愉しさ」を強く出そうとしたティーンズグラフティです。
とーしろさん、柄にもなくライトノベルっぽいことを……。


⇓記事をご覧になってお気に召しましたら、ポチっとしてやってください。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: オリジナル小説

ジャンル: 小説・文学

[edit]

ガンダム35周年。2日遅れの祝記事 

機動戦士ガンダム」が
1979年の放送開始から4月7日で放送35周年を迎えましたね。
(また自分が好きである「W」も4月7日で19周年を迎えました)


最近日、ガンダム最新作「ガンダムビルドファイターズ」の放送終了と、次回作「Gのレコンギスタ」の発表を受けて、ますます盛り上がりをみせるアニバーサリー。
これを受けてガンダムの生みの親、富野由悠季氏の自伝小説を再読してみたので、ブクログにアップしていた感想をこのブログにも掲載します。

⇒Gのレコンギスタ公式

富野由悠季 自伝小説 「だから僕は… ガンダムへの道」


<かくいう自分も年代的にガンダムを視て育った世代で、
はばかりなく言いたいのだが、自分はガンダム好きである。

しかしいわゆる「平成ガンダム」に親しんできただけの、みる人が言うと、”にわか”のガンダムファンかもしれない。
何せ「V」以降のシリーズを観るばかりで、宇宙世紀にはゲームやコミックでしか触れていない。
それでも、自分はガンダムが好きで、フェイバリットシリーズは「W」であると、声高に宣言する次第である。

そんな自分が、「ガンダム」という偉大な作品の生みの親である富野由悠季という御仁はどういう方か、と興味をもって読んでみたのが、この自伝書籍である。

今からいうと、あの「ガンダムの創始者」として、ビッグネームと威光を持つ方として、みな「すごい人に決まっている」というイメージを持っているのではと思うのだが(自分もその一人でした)

確かに、凄まじい人である、が、同時に凄まじく泥臭い。
この人、滅茶苦茶がむしゃらにやって来てるよ!
と思うとともに、偉大な事を為した「格好いい男」では、決してない、その生き筋。
伝説となる人間が、必ずしもヒーロー性を持っているわけではない、と知らしめられる。

この自伝は、富野由悠季さんという方が、自分の生とがむしゃらに格闘したスガタが書かれており、自分は某ロックバンドの曲の詞を重ねて、そのスガタをこう讃える!

カッコ悪くたっていい 死にもの狂いで 変えてやる
まだ俺は変われる 自分で変えてみせる 
これがそうPRIDE それぞれの場所で
まだまだ イケるぞ イケるぞ

富野由悠季さんは、やはり偉大な方だった!!>


以前に読んだ時と同じく、何かを為そうとする人間に必要な必死さ。
「W」的に言うのならば「なりふり構わぬ勝利のためならば」。
そういう誰に恥じることもなく、自分の生業を突き進んでいく力をまざまざと見せつけてくれます。

とーしろさんも頑張ろう。

⇓ガンダムWの自作模写
ガンダム35周年記念イラスト


⇓この記事を読んで気に入ったな、と思われましたらポチっとどうぞ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 機動戦士ガンダムシリーズ

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

僕らは“ガンダム”で繋がっているから。BF第25話「約束」感想 

前回の決勝戦からの引き続きで始まったビルドファイターズ最終話。
持ち越しで始まるのは予選時のバトルロワイヤル以来でしたっけ? 全話数完結した事ですし、それを再確認する意味でもう一度視たい作品ですよね。

ともかくプラフスキー粒子結晶体“アリスタ”の暴走から始まった混乱と、ニルスが予想する被害を食い止めるために主要キャラが集結してことに当たっていきました。

というか、委員長やアイラ、キララもガンプラを持ち歩いていたのですか?という突っ込みをしたいのを堪えて。

これがTVシリーズの作画か!?っていうくらいに動きまくりでパチモン(モック)を撃墜していく各機。

フェニーチェ好き(というか「W」好き)のとーしろさん的に、リナーシタが一斉射撃をしたのが恰好よかったです。リナーシタのバスターライフルはウイングガンダム準拠のフェニーチェカスタムのままのようで、ゼロのツインバスターライフル射撃ではないようですね。

ミスサザビーのレッグビームサーベルも高ポイントで。

しかし「戦争は数だよ」じゃないですが、徐々に劣勢になっていく面々のシーン。
先述の通り「W」好きの自分としては、ここで劇場版Wのゼクスとノインのように、

キララ「さよならは言わないわよ」
フェリーニ「当然だ!」

とかやって欲しかったです。
視ながら「くるか?」と思ったのですが、ここでは「W」ネタを控えたようで。

苦境に現れるマオくんに続いての、ラルさんと珍庵師匠。
本気のアダルト組、鬼強ぇぇぇぇぇ!!です。

ここでのキララの「何?あのデタラメな強さ」というのに対して、フェリーニが瞳をキラキラさせているのに笑いました。
というかこのCPは色々と深いですね、もう(フェリキラ派

その直後にベアッガイⅢとミスサザビ―大破。
ヒロインが盾になるがビルドファイターズで描かれるとは思いませんでした。
しかし、これがガンプラバトルで良かったです。従来のガンダム世界だったら戦死してましたし、ヒロインが二人も逝ったら泣くどころじゃすまない事態でしたよ。

ともあれ結城先輩やパパンの加勢もあって、結晶体にビルドナックルをぶちかますレイジ。
これは技の熱さもそうですが、セイとレイジ「二人なら(不可能はないさ)」というコンビの絆の真髄を魅せてくれて、テンションは段々飛びで最高潮になろうというものです。

そして先輩との本当の決勝戦。

ここでキララの「W」ネタきましたね。今度はレディ・アンですか。素晴らしい。

前に出るセイ。
その成長。
数多のガンプラバトルを経て、強くなってきた少年。
「足りなかったのは技術じゃなくて、何を失っても戦うという覚悟だ」
――傷つくことを恐れない。
それもまた“強くなる”ということ。

第1話のフィールドでのバトル。
セイが見せた動きはレイジの第1話のそれで、感慨深いものがあり、また熱いですね。何がといえば、セイがレイジに目を見張った動きを、自分で実践できるようになっているのですから、これまでの二人と、今のセイとレイジの胸の内がです。

そして二人の別れのシーン。
自分はコンビを組む二人がいずれ戦うという展開は、大いにありだと思っていましたが、レイジが異世界に帰還しての別れは無い方が良いと思っていました。
なので、24話の次回予告を視て、その展開が濃厚だとは感じていましたが、いざそのシーンになると、もう。

とーしろさんは、別れのシーンとかキャラが号泣するシーンに弱いのですよほほ。

レイジがこの事態に慌てていないのが、ある種いずれこういう時がくるのを悟っていたような(これもレイジ一流の覚悟でしょうか)。

しかし「俺達はつながってるから」と口にしたように、セイとの絆の確かさを、本当に噛み締めいるからこその態度だったのかもしれません。
レイジ、男前やな。
アイラが惚れて、追っかけてくるわけです。

というわけでの、エピローグ。

キララが武道館アイドルになっていますね。
会長とベイカーさん、アリアンでもビジネス展開。結構タフですね。
チナちゃんは大分大人っぽくなっていましたね。「セイくん」呼びをすでにしていたので、セイも下の名前で呼んであげるようになったのでしょうか。

第8回大会。
セイの新コスチュームはどこか宇宙用パイロットスーツを彷彿とさせる。
新ガンプラの「コスモス」が、セイとレイジの二人が再び出逢う「宇宙(ソラ)」を予感させますね。

ともあれ、綺麗にまとまって、そしてどこまでも熱い、最っっっっっ高に面白いガンダム作品でした。自分の中ではフェイバリットの「W」に次ぐタイトルとなりました。

製作陣には大いなる感謝を。
こんなにも熱くなれる作品を生み出してくださり、
本当にありがとうございます。
そしてお疲れ様でした。
気が早いですが、続編楽しみしております。

ビルドファイターズ最終回記念イラスト⇓
ガンダムビルドファイターズ


⇓この記事を読んで気に入ったな、と思われましたらポチっとどうぞ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: ガンダムビルドファイターズ

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]