FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

「8月の読書まとめ感想・奇妙な禁書と櫻子さんのとあるポラリス」 


ようやく暑さのピークが過ぎた感じですね。
残暑がキツクなくてありがたい9月です。

そんなわけで、
クーラーのないウチで(今どき)
暑さのさなか読んでいた本の感想をいきます。

まずは、8月中に読んだ趣味本。

とある魔術の禁書目録 SS1 鎌池和馬
とある魔術の禁書目録 14
櫻子さんの足元には死体が埋まっている 骨と石榴と夏休み         太田紫織
きみはポラリス       三浦しをん
ジョジョの奇妙な冒険 
OVER HEAVEN      西尾維新


となります。
思ったよりも読めていますね。
では、感想を行きましょう。


独立しているのかと思いきや……。






この「とある禁書SS」は、
自分は当初、とあるの短編集という触れ込みだったので、
1巻から13巻の
ローマ正教から神の右席に連なるストーリーとは別個に楽しめる、
上条さんやインデックスなどのとあるキャラの日常などを扱った短編連作かな?
と思って手に取りました。

しかしこの「SS1」、
実際に読んでみると――ウィキでも書かれているのですが――
13巻のヴェントの襲来の次のエピソードとして書かれています。
そもそも、
文庫の背表紙のナンバリング「かー12-○」で、
「かー12-14」となっています。
ですから、とある14番目の刊行作であるのは間違いありません。

実は、14巻とナンバリングされていませんが、
物語は独立してはおらず、
13巻と14巻の間のストーリーになっているんですね。

なので、「本編と関係ない短編集なら、後で読もうかなー」
と飛ばして14に行くと、
多少ストーリーのながれに齟齬を生じて読む羽目になるようです。

その点、自分以外でもこれからとあるを読む方々は、
注意されるよう願います。

しかし、文章の構成としては、しっかり短編をしています。
上条さんと学園の日常、
一方さんの加わった組織での初陣、
神裂やオルソラなどのイギリス清教女子寮勢のエピソード、
そして、学園都市に再来して危険にさらされる美琴の母、
美鈴さんの救出劇。

中継ぎのような短編たちなので、
実際14を読むうえではそれほど困らないのですが、
どうも一方さんの組織の同僚事情とか、
美鈴さんを狙ったスキルアウトの少年とかは、
今後のストーリーで活かされてきそうなので、
やはり後で読むよりは、
14冊目として14の前に読むのが正しい一冊に感じました。



これぞ正ヒロイン……?の五和さん。






そんなわけで、とあるの原作小説を読み始めて、
ようやくアニメ化していないエピソードに到達しました。
ここからがとあるを楽しむ本番ではないかと自分、思っております。

そんな15冊目、14巻は、加速する科学対魔術の戦争に
歯止めをかけるべく、上条さんと土御門がフランスに飛びます。

インデックスさんは台詞らしい台詞もなく、
土御門の妹に餌付けされて置き去りです。

そこで出てくる今巻のメインヒロインは、
天草式十字征教のメンバーで、
上条さんにさりげにアタックをしてきていた、
五和さんではないかと思います。

いや、解釈によっては、五和はパートナーであって、
笑顔を守るべきヒロインは、新キャラの美人教師、
親船さんではないかと考えることができるのですが……、
まあここは紙幅の大半に出ていた五和さんでもいいのでは、
ということで(安易

その五和なんですが、
上条さんと似た年齢という印象ながら、
上条さんを川から助けるわ、
正式に天草式の術式も扱えるし、槍での戦闘も行える、
結構ハイスペックガールなんですよね。

ところが、この五和が
上条さんのラッキースケベ発動でみせた反応というのが、
これまでのアグレッシブというか、もっと言って『凶暴』
だったインデックスや美琴や吹寄なんかとは全然違い、
大変好感のもてる、
おしとやかというか、慎ましやかというかなんですよ!

は~、五和ちゃん、可愛い!
もう、今までのヒロインはなんだったんだ!(机バンッ
いや、オルソラもあれはあれで良かったのですが、
五和は良識がありつつまだ初心で初々しくて、
こういう娘もいいですな~、という感じでしてね。

今後の五和の活躍を期待したいですね(ゲンドウポーズ


薔子さん、アニメに出てましたっけ……?






櫻子さん、2冊目の読書となります。
しかし、正直、
アニメ視聴からだいぶ時間が経ってから原作小説を読んでいるので、
その中のエピソードがアニメのどれに使われたのかがおぼろげであります。
そこで思うのが、
薔子さんて、アニメに出てましたっけ?
という疑問です。

あれ?なんか記憶にないんですが……。

2巻まで読んで、
アニメで視た迷子の子供の話や、
同じ学校の女子とその祖母にまつわる話なんかは、
ああ知っている、となったものなのですが、

1巻を読んで感じていたのですが、
薔子さん初登場の降霊会の話はアニメでしなかったはずだし、
2巻の祖父や親族の話も未映像化のはずですよね。

そこで、ウィキでも確認したのですが、
薔子さんは原作3巻のエピソードをアニメ4、5話で
描いた話で登場していたようです。
自分、そんな話ありましたっけ状態でした。

画像で見ると、薔子さん、
アラサーとは思えない麗しさ(´∀`*)ウフフ
こんな年上美人を忘れるとは、
これは薔子さんと櫻子さんにキツくお仕置きしてもらわねば!

ちなみに、表題の「夏と石榴」は、
この2巻の薔子さんのエピソードに関連するタイトルでした。
その真相は、是非読んでみて確かめてくださいね^^
(ミステリーとかのネタバレはしない主義)



恋愛モノの一般小説も新鮮です!






この作品、一般文芸はそれほど読まない自分が手に取ったのは、
少し事情があります。

これ、実は音泉という声優インターネットラジオの
『月の音色』という大原さやかさんの朗読ラジオがあるのですが、
その中で、大原さん一押しの作品を紹介するコーナーがありまして、
そこで以前紹介されていた小説だったんです。

短編集で、様々な男女などの恋愛模様が描かれている、
という紹介を耳にして、
これは少し、普段触れない感じの文章に触れてみようかな?
と思い立ちました。
そして、丁度本屋にも置いてあったので、
購入、読書した次第です。

内容は、確かに新鮮でした。
恋愛と一言にいっても、
道ならぬ恋や、秘めた同性へ向ける想い、
一風変わった相手だけど好きな相手との恋愛、
種族を超えたモノや、年齢差など本当に様々でした。

しかし、なんとなく思ったのですが、
どのエピソードも何気に『謎』を含んでいる辺り、
男女に限らない恋愛事が、
『秘め事』であることを暗示しているように感じたりもしました。

それに、まあ恋愛に入り浸っていない渇いている身としては、
なにやらいたしている男女とかの描写に
ちょっとドキドキしてしまう読書でもあり(o´艸`)
兎に角、楽しめましたよ!

皆さんにも、ちょっと気分変えたい、
新鮮な気分になる作品を読みたい、
という思いがありましたら、
おススメできる小説だと感じました。


西尾ジョジョ!ようやく読めてやれやれだぜ。






ジョジョ好きでもある自分ですが、
何気に西尾先生や乙一先生などのジョジョ小説数作は、
まだ未読だったのです。
それをようやく読めたのですが、
ぶ厚いハードカバーながら、
内容はさすが西尾先生らしく、分かり易く読み易い。
自分にしてはかなり速く、2日で読了してしまった作品です。

本作その内容は、6部で語られた、
『かつて承太郎がエジプトで焼却したDIOの手記したノート』を、
丸々一冊復元した……というものです。
一人称DIOで進行していきます。

これは、6部を読んだ方が読むと分かるのですが、
6部と1部、3部の内容から逆算、引用して考えられています。

プッチ神父が求めた、DIO発案の
『天国に行く方法』を、
DIOがどういう風に考えていたのか。
DIOの語り口で、彼の母とのエピソードや、
100年の眠りからの復活後に彼が考えたことなどから
実際にプッチ神父が6部で実践した『天国に行く方法』が
考案されていく様子が描かれています。

しかし、うまく出来ているなー、と感じはしたものの、
個人的には、もっと西尾節を発揮して、
独自のテイストのジョジョを描いてくれても楽しめたように思います。

そこは、西尾先生もかなりのジョジョファンなので、
一種の畏敬の念がセーブさせたのかもしれません。
まあ、あとがきであるように、
スケジュール的なシビアさも影響していたのかもしれませんが。

現在、アニメで4部も放送中ですから、
乙一先生の4部ノベライズや、5部のフーゴの小説なんかも
これから読んで行きたいですね。


上です。
ホント、ようやく少し涼しくなってきた中書いておりますが、
自分は正太郎くんみたいに「夏が大好きだ!」とは
言い難いものです。
暑いの勘弁や……でも、熱い物語は大好きだ!

現在、ちょっと創作関連の資料として、
刀関連や武術関連の資料本に再度目を通しています。
こちらもいずれ、
趣味読書本としてこの感想記事に書けたらと思います。

しかし、資料本ってあんまり精読しないんですよね。
果たして今回もきっちり読みきれるか……?
いや、ここに載せるために読み切るんだ、ジョー!
ってカンジで、ちょっとセルフ背中押しをしてみる。

ではでは~。




スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 読んだ本の感想等

ジャンル: 小説・文学

[edit]

「『四月は君の嘘』視聴感想&考察記事+α 1046ブログ記事まとめ」 


さて、全国の四月は君の嘘ファンの皆様、
いよいよこの時が来てしまいました。
実写映画『四月は君の嘘』の公開です。

ま、多くは言いません。
観た人が心の内でその出来に感想をもてばいいだろうと。

これに合わせてとーしろさんに出来ることは、
君嘘に興味をもってネットで検索してくる方たちに、
出来うる限り君嘘の本当の魅力を伝えるお手伝いをするくらいです。

そんなわけで、当ブログにポストした
全『四月は君の嘘』関連の記事をまとめておきます。

よろしかったら興味の赴くままに、
君嘘世界を愛するヤツの文章を楽しんでください。

CJEwIMSVAAEcwaz.jpg



【アニメ1クール~2クール】

「色付く世界の青春音楽アニメ。『四月は君の嘘』第1話視聴」
「『四月は君の嘘』第3話視聴感想。詩的でセンシティブで好きな作品です」
「公生とかをりの激情の共演に感動!!『四月は君の嘘』第4話視聴感想」
「ライバルピアニストいよいよ登場!!『四月は君の嘘』第6話感想」
「旅の準備は掌合わせ。コンクールが始まる。『四月は君の嘘』第7話感想」
「公生へと叩きつける演奏。武士と絵見の想い。『四月は君の嘘』第8話感想」
「公生、影との闘い。『四月は君の嘘』第9話感想。」
「「君の為に弾こう」四月は君の嘘第10話『君といた景色』視聴感想」
「かをりの容体が心配過ぎる(焦)『四月は君の嘘』第11話視聴感想」



「『四月は君の嘘』第12話。成長していく公生が見た水底の光」
「涙せずにはいられなかった…。『四月は君の嘘』第13話「愛の悲しみ」感想」
「自分の気持ちを知る幼馴染の少女。『四月は君の嘘』第14話「足跡」視聴感想 」
「凪登場♪しかし、かをりちゃんが……。『四月は君の嘘』第15話視聴感想」
「かをりへの気持ちをもう一歩自覚しろ、公生。『四月は君の嘘』16話視聴感想」
「誰かの為に弾く。そうして届けたい事。『四月は君の嘘』17話視聴感想」
「もう一度、君とワルツを。『四月は君の嘘』第18話視聴感想」
「決意と前進。自分の為に。届けたい人のために。『四月は君の嘘』第19話感想」
「恋心を自覚した矢先に…ええぇ!!?な展開。『四月は君の嘘』第20話感想」
「そうして、少年は知るのです。『四月は君の嘘』第21話「雪」視聴感想」
「その意味の納得。届くといいな。『四月は君の嘘』最終回「春風」視聴感想」



【最終回後の考察記事】

「『四月は君の嘘』追走!詳細設定・伏線考察Coda1」
「『四月は君の嘘』追走!詳細設定・伏線考察Coda2」
「『四月は君の嘘』追走!詳細設定・伏線考察Coda3」
「『四月は君の嘘』追走!詳細設定・伏線考察Coda4~円盤購入後記~」
「『四月は君の嘘』追走!詳細設定・伏線考察Coda5 ~バラードの共演より1年記~」
「『四月は君の嘘Coda』発売記念ニコ生視聴⇒君嘘考察追記帳」



【君嘘エトセトラ】

「『四月は君の嘘』コミックス購入!マンガもステキです♪」
「『四月は君の嘘』音楽CDが届きましたよ♪」
「『四月は君の嘘』DVD第1巻 特典付き限定生産版 届いていたよ♪」
「新川直司作品マンガ、全部読んだ!」
『四月は君の嘘』つぶやきショートストーリー  
「『四月は君の嘘』実写映画化の報。九月の嘘であることを願う」
「『四月は君の嘘』グッズ攻勢・ぷち秘宝館!」
「祝『四月は君の嘘』SUGOI JAPAN Award2016アニメ部門第1位獲得!!」



【君嘘エトセトラ2】

「『四月は君の嘘』ニコ生一挙放送、本日です!」
「新川先生新作本リリース企画『四月は君の嘘』ニコ生二夜一挙放送来ます!」



ちょっと書いておくと、
検索してくる方ってネタバレを探して原作やアニメを視る基準、
参考にしている方々が結構いるようです。
しかし、自分は「興味があるなら四の五の言わずに手にとってみて」
という考え方なので、あえて原作などの(特に『Coda』)
詳しい内容描写をしていません。
そういうのが読みたい方には、あいにくなのですが、
しかし、なのでこのブログ記事たちは、
君嘘に触れてより一層楽しみたい方たちに向けて書かれているのです、
というスタンスをここに改めて記しておく次第です。

沢山、君嘘に関する文章を書きましたが、
それが誰かのいつかの君嘘を愛する一助になれば幸いです。

ではでは、
映画観た人でも原作を読んで真の君嘘の素晴らしさを
知ってもらえるといいなあ……
と思いつつ、またなにかの君嘘記事でお逢いしましょう。

君嘘大好き!!!!ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 四月は君の嘘

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

「こち亀40年の歴史に幕!一ジャンプっ子としての想いを述べます」 


皆さん、ご存知の方は既に御存知でしょう。
9月3日のTwitterやNHKのニュースでも報じられた通り、
週刊少年ジャンプ誌上で最長連載記録を保持する大御所長寿マンガ、
こちら葛飾区亀有公園前派出所
こと、『こち亀』が
連載を終了するそうですね。

これには、さすがに『ニセコイ』『BEACHE』という
長期連載作が終了したばかりのこともあり、
自分も驚かされました。
どうしたジャンプまで!?今年ほんとどうなってるんだ!?と。

実に今年40周年でジャンプ本誌の今年の背表紙にも
両さんがなっていたわけですが、
色々節目の年に企画が持ち上がっているところに、
まさかの連載終了の発表。

これまでも、作中でこち亀最終回のネタはあったようですが、
今回は作者の秋本先生と編集者揃っての記者会見まで開いていることからも、
どうやら今回は本気のようですね。

その理由というのが、先生の体調的な理由ではなく、
丁度単行本が200巻に達する節目に綺麗に終わりたい、
というものだそうです。
実際はこの決断に結構悩んだようですね。

その辺も踏まえて、
じゅーしーとしてのこち亀完結に関しての感慨を、
例によってTwitterでだべっていたので、
それをまとめおきます。






……おっと、なんかアンチっぽい意見になってますね。
でも、正直な話をすると、
「こち亀が好き」とはっきり言える読者ではなかったんですよね、自分。


周りには「面白い面白い」などの賞賛、賛辞の声がありつつ、
それに賛同せず、自分は内心「そうかな~、はんっ」
と思っていたりしました、実際。ここだけの話。今こその話。







しかし、どうもTwitterで情報を見てから、
もやもやしていましたね。
終わるなら終わるでいいけれど、
ジャンプっ子としてそのジャンプライフに寄り添ってきた
こち亀に、思う処があるようで……。













そんなカンジで、どうにかこち亀完結の自分の内での
おとしどころを見つけたようですね。
『BLEACHE』とも少し違う、歴史のあまりの長さが与える感慨でしょうか。
真から好きで読み続けていた訳ではないので、
SMAPの騒動のように国民感情的な見方になるわけですが、
それでも気になってしまったので、
こんなに時間を使ってぐだぐだ言っていたわけで……
執筆作業しろってカンジですね。座礼。






でも、最後にこんな気持ちになっていたりで、

自分のこち亀への好みはともかく、秋本先生は
プロの漫画家として第一線で連載し続けた、
創作マンとしての実力は、自分など及びもつかない点を差し引いて、
シンプルに畏怖と尊敬を覚える作家であると思います。

そこなんですね、要は。
長く作家活動を続けられている御仁がした決断。
40年続いた作品を畢らせることの重み。
ぺーぺーとはいえ創作の道に携わる端くれとして、
これが一大事に映らない訳がないのですよね。

歴史に立ち合う慄き……とかではないんですが、多分。

それが、自分にとってのこち亀終幕なようです。
取り敢えず今のところは。

取り敢えず、というのは、
今後この作品がのこっていった結果、
自分の漫画読みライフと創作勉強と執筆のうえで、
どうクロッシングしてくるかは解らないからです。
今は「好みじゃない」かもしれないけれど、
いずれ学ぶことがある作品になるかもしれない。

そういうことです。
こち亀が漫画史にのこる作品であるのは、
疑いようのないことなので、
またどこかで出逢ったならば、
その時は色濃く温めてくれればいいさ。

そんなことを考えたじゅーしーでした(。・ω・)ゞ
ではでは、
重ねて、少し早いですが、秋本先生おつかれさまでした。
そして、これからのジャンプにも幸あれ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 漫画

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

trackback: -- | comment: --