FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

「ガンプラ素人創作マン、ガンプラEXPO&GBWC2016日本ファイナル行ってきました!」 



当ブログでも少し触れたように、
9月に視た動画の凄いガンプラ改造&ジオラマに、いたく心を動かされたとーしろさん。

そのガンプラ熱のままに、自分、
11月19日から23日まで秋葉原UDXで開催される
ガンプラビルダーの世界一決定戦である
『ガンプラビルダーズワールドカップ』(GBWC)の日本ファイナル
(国内チャンプ決定と、世界各国のチャンプとの世界一決定戦への最終選考会。
優勝には入場観覧者の投票も加味される)
へと参加して来ました!

行ける日取りを選出して、11月20日に絞り、
虎視眈々色々準備して、19日の夜に夜行バスに乗り、
北陸から上野、秋葉原にやってきました。

前置きが長いですが、今回はその観覧した
ガンプラEXPOと地続きになっていた
GBWC2016日本ファイナルの様子を記述して行きます。

任務了解……。


初めて秋葉原の地に降り立ちました。




とーしろさん、秋葉に立つ、です。

しかし、秋葉原UDXなんですが、
先にぐぐるマップで視ていても分かりにくいことはなかったんですが、
正直、西方面の出口から出てすぐ、UDXの登り階段が視えたので、
迷わずあっという間に目的地に到着しました。

で、テラスの各所にあるガンダムのイラスト看板を目当てに進むと、行列発見!
ガンプラEXPOのスタジャンを来た係り員さんが指示を出しております。

IMG_20161120_142307 b


さて、ここで会場の入場なのですが、

IMG_20161120_140756 b


長いですよ、正直。
入るまでに30分以上です。
この時点で込んでいるのが分かりますね。
……ツイッタでも「めちゃ込んでる」という情報は聞いていたのですが……。

しかし、割とすいすい列は進み、入る前に疲れることもなく、どうにか入場!

まず進んだ先には、大型三面モニタに映し出された
実物大バルバトスルプス!

「オルガ、次はどうすればいい?」
のセリフとともに、あの予告のBGMでバルバトスがバトルして行きます。
映画館なみの轟音と迫力でしたね。
上映時間にして3分少しでしたが、でっぱなからこれでもかとインパクトを与えくれます。

この映像、Youtubeでもアップされているようなので、
気になる方は探してみてはどうでしょうかね。

展示物の攻勢!!



ガンプラEXPOは入場からぐるりと一周して出てくる構成なのですが、
映像が済み、更に奥に進むと次に目の前に現れたのは
フルスケール・バルバトス用ソードメイス。

IMG_20161120_143232.jpg


赤いライトは戦場の血濡れの象徴か。
(実際は赤青で点滅していたんですが)
しかし、デカイです。

ちなみに、入場の際に入場特典として全員にもらえるのが、
1/100ソードメイス(ガンメタver.)でした。
来場者数を思うと、さほどのレア度でもないかもですが、
しかし、秋葉原UDXにこなければ貰えないという意味では、
やはりレアなガンプラパーツでしょう。

それを差し引いても、さすがガンプラEXPO。
ガンダムの時代の最先端を行っていますね。
このガンプラアイテムは、そのうち活かせればと思います。
(それとも限定品は記念にパチらないで、
市販の1/100バルバトスの武器で楽しむべきでしょうか?)

巨大映像、巨大武器、そして最新鋭のガンダムの武器と来て、
更に奥には最新のガンプラがわんさかと待ち構えていましたよ。

IMG_20161120_143626.jpg
IMG_20161120_144109.jpg


鉄血、サンダーボルトやジ・オリジンのジオラマなどで始まり、
HOBBYJAPANで展開しているビルドファイターズの最新機体も
展示されていて、掴みから最高です!


熱い会場!!




しかし、この時点で感じていたのですが、
込んでいます!
人の波が進みません。
前の人がガンプラの写真を撮るのに必死な人が多くて、中々よく視れません!
ガンプラ熱みんな熱すぎです!!w

その上、暑いんですよ今日!
東京の日中20℃くらいあったそうで、会場も汗がながれる暑さだったんですよ~。

自分はYoutubuの動画でGBWC2015などの会場風景と作品の動画を視ていて、
もっと広々してゆったり視れる印象を抱いていたのですが……、
正直、今日が日曜日で、会期2日目で、
しかも秋葉原とガンダムというものを嘗めていましたよ!
これほど人が集まって込み合うようなイベントだったとは……!

そういえば、UDX横のガンダムカフェも長蛇の列でしたね。
秋葉&ガンダムさすがやわあ……(田舎人感)
おそらく、開催最終日前後なら、まだ空いているのかもしれません。
後からツイッタなどで見ると、物販も後の日の方が容易に整理券が手に入ったそうですし。
来年とか、これからGBWCに訪れたい方は、その辺を考慮するといいかもです。

ですが、どうにかやらせはせんぞ!と自分も果敢に前に出て
少しですが写真を撮らせて頂きました。

……しかし、ああして必死に撮っている人の大半は、
SNSやブログにあげるためなんだろうから、
純粋に模型を視たい人には迷惑な話しだとも感じました。

正直、造形や色艶、粒子の感じなどをもっとじっくり
目と脳裏に焼きつけるくらいに視たかったんですがね。
ああも込んでいるとそういう我侭も出来ず、
次善で軽く視て好みの作品を撮影した次第です。
(まあ、自分も話しのタネに
ツイッタやこのブログにも写真を利用しているんですがね)

芸能人によるオリジナルカラーリング作例から。

IMG_20161120_144811.jpg


自分はゼロカスタム好きですからね。

IMG_20161120_145022.jpg


他には、今後のメタルビルド企画として
ゼロカスタムの新作情報が。

そして進む先には、いよいよ本日のメェェエンイェベンツッ!!!
GBWC2016の予選を勝ち上がった猛者たちの作品が……!


その圧倒的ディテールと存在感……!!




これが、世界レヴェルの技術で創造されたガンプラか!
と、視ていくほどに感心しました!

ここでも込んでいて、あまりじっくりとは視れなかったのがやや惜しまれますが、
しかし、今回来場した目的のひとつが、
日本決勝の投票のためでもあったので出来るだけしっかり視させていただきました。
そして、自分の感性に留まる
「これはカッコイイ!!」とか、「作り込みすげぇぇええ!!」
など、ビビッとくるのがないか、視て回りました。

どれも素晴らしく、凄い存在感の作品でした。
しかし、ガンプラを本格的にカスタムを始めて2か月の自分では、
どうこがどう技術的にすごいかを、余すことなく把握することはまだ出来なかったです。
なので、作品の評価は技術的な面ではあまりなく、
ほぼ個人的な感性によるものとなりました。

そんな中、自分がこれだ!と感じた素晴らしい存在感とカッコよさを感じたのが、
こちらの作品。

IMG_20161120_145438.jpg


作品名「永遠の絆 ~義経・弁慶 新しき国へ~」
ビルダー:横田ユースケ

オープンコースでは他に、

IMG_20161120_150150.jpg


ウイングガンダムのカスタム機なども好みではありましたが、
自分はこの義経と弁慶に大変惹かれましたね。

ジュニアコースでは、連覇中の畑めいちゃんのジオラマも凄いと感じたのですが、

IMG_20161120_150335.jpg


自分はディジェのカスタム機がブースターの造形がいいな~、と感じたので、
このディジェ推しでした。

ちなみに、自分の撮った写真はピンボケが多く、あまり視られたモノではないので、
日本ファイナルの作品が気になる方々のために、
ここにYoutubuの動画で日本ファイナル全作品が映されているモノを貼っておきます。



気になる方はチェックしてみてください。すんごい作品ばかりですよ!
けれど、やはり実物を視るのは映像とは違います。
どう違うかは、実際に実物を視てみて確かめて欲しいところです。

そんなわけで、どうにかGBWCの観覧と投票も完了!
目的を果たし、ガンプラEXPOの周遊を済ませたのでした。

ちなみに、昨年の日本チャンプにして、世界2位の作品、
「トールギスアレス」
も展示されていましたよ!

IMG_20161120_145727.jpg


正直、昨年の動画やサイトの画像を視て、これは凄いと思っていたので、
この作品を生で視れたのは大変嬉しかったです。
凄まじいボリュームと存在感、ディテールとカッコよさ!!
これは日本一になるは……、という納得のクオリティでした。

ではでは、
任務、完了。


20日の秋葉原の旅を終えて……。




無事にGBWCの観覧を済ませたので、
あとは秋葉散策をしていました。

秋葉原といえば、高坂桐乃ちゃんの
「あっきはっばらー!!」のおたけびが思い浮かびますが、
自分は今回、それはツイッタのみに留め、
向かったのはここです。

ラジオ会館。

IMG_20161120_154208.jpg


未来ガジェット研究所。

IMG_20161120_180439.jpg
IMG_20161120_180424.jpg


シュタインズゲートですね!
フゥ―――ハハハッ!!!

ラジ館に折角訪れたので、
助手受難の階段付近なんかを視れればな、と思ったのですが、
イエローサブマリンで買い物をして店員さんに訊いたところ、
建て直したラジ館では、以前の建物は一旦取り壊したので、
現在はもうかつてのイベントシーンの場所は視れないようなものらしいですね。
シット!!

しかし、秋葉原の空気と、ラジ館と未来ガジェット研究所の距離感というか、
岡部たちの生活感がなんとなく把握することができて、
これはこれで秋葉原に来た甲斐があったというものでした^^

そして、北陸の地に帰還。
日にちは進み、11月23日。
GBWCの会期が済み、いよいよ日本決勝の結果発表。
表彰式の様子が配信されました!

結果は、
ジュニアコース⇒
http://bandai-hobby.net/GBWC/japan/result_final_jr.html
オープンコース⇒
http://bandai-hobby.net/GBWC/japan/result_final_op.html

となっております。
表彰式の動画もリンクの大会公式サイトで視聴できますので、
是非、その結果が出る様子をご覧になって、
今年の日本一のガンプラに選ばれたのがどんな作品かを確かめてみてください!

選ばれた作品も、そうではない作品も、
やはりどれも凄くて、魅力的です。
それに、カスタムというか、
ガンプラ歴の浅い自分にはまだ想像が出来ていなかったのですが、
長く情熱を持ってガンプラ製作に携わっているビルダーの方たちは、
それだけ機体と自分の作品に熱い想いを持っているのだと思わされました。

大会に4度参加し、
そのすべてが百式だったというビルダーさんのお言葉をツイッタで聞いて、
そんな自分には想像もしていなかった、
ビルダーの熱く強いスピリットを少し理解しました。

すごい作品をただ視て、写真を貪り撮るのではなく、
その作品と、それを作られた情熱に敬意を抱きたい……
そんなことを学ばされた、今回のGBWC2016への参加をしたとーしろさんでした。

みなさんは、この凄いガンプラを視て、何かを感じられたでしょうか。
何か、心に在るモノがあればそれは素晴らしいことだと思います。
惜しくも入賞はならなかったモノも、
そういう人の心に訴える力がガンプラにはあると自分も思いますので。

では、ここらで今年の初参加のGBWC参加の旅記事を終えようと思います。
次回、来年も視に行けるかはまだ定かではないのですが、
取り敢えず、
今製作途中のリック・ドムのカスタムをば、地味に進めて行きたいと思います。

燃え上がれ!!!!ガンプラ!!!!!\\٩( 'ω' )و //




スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 模型・プラモデル

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

「10月の読書まとめ感想・海底の二万里先にある凍った涙の目録は撫子だよっ!」 


はい。というあれで、もう11月です。
この月1のまとめ感想も今年いっぱいできればとやってきましたが、
あと2回ですね。
月日の経つのは速いですよね~。

そんなわけで、10月に読んでいた趣味本を。

海底二万里・下 
ジュール・ヴェルヌ 訳・渋谷豊
とある魔術の禁書目録16   鎌池和馬
新機動戦記ガンダムW
フローズン・ティアドロップ10 隅沢克之
撫物語   西尾維新


というラインナップになっておりますが、
どうも9月からのガンプラ熱で、
しっかり読もうという意識が薄かった月に感じていたりしました。

うーん、そこらへんは兼ね合いというか、バランスですよね。
読書をして文章力をつけたいのもあり、
今にわかにマイブームの趣味事に手を出したいのもあり……。

では、感想を行ってみましょうヽ( ´∀‘)ノうふふ♪.



ノーチラス号とネモ艦長、アロナックス教授の結末は……。






※一部ツイッタでの感想つぶやき。

新訳版「海底二万里」上下巻読了。
海底世界一周。壮大でした。そして様々なドラマがあった。
アロナックス教授同様に脳裏に甦りますね。
アトランティスや巨大タコに南極の極限状態。
そして、ラストにノーチラス号は海中に消え、
それ以後果たしてネモ艦長のヴァンジュールは終わったのか。
など、余韻をのこす終わり方となりました。

ノーチラス号の技術の出所などは謎のままなのですが、
これはこれで神秘であり、割と気にしなくてもいいとも思えました。
トータルでいうと、満足な読書でした。

しかし、ネモ艦長は謎に包まれた人物だったけれど、
そのキャラ造形はしっかりしていたと感じました。

写真の家族に、ノーチラス号の同志、
そして同じ学者としての同乗人アロナックス教授への共感と繋がり。
艦長はそれらを守りたいと思いながら失い続ける星の人だったのではないかと感じる。

ちなみに、アロナックス教授はことあるごとに
「ネモ艦長は私たちの前に姿をみせなかった」
といっていて、ネモ艦長を気にしまくっているんですよ。
この二人って実は仲がいいというか、
ちょっともうおふたり相思相愛的じゃね?とさえ感じました。
教授が女性なパロとかあってもいいんじゃないかと(殴

あと、今秋に海底二万里が再び映画クランクインするそうで、
あの海洋冒険が現在の技術でどう映像化するのか、これは視てみたいですね。
読み進めながら作中の海生物をぐぐる画像で視ていたんですが、
美麗ありグロ有のあの海の生き物たちをどこまで描くのか、興味深いですねえ。

そして、伝説はナディアへと受け継がれる……。


恋する乙女はヴァイオレンス!






14のアビニョンのエピソードで、
天草式の五和ちゃんは、控えめ穏やか貴重な普通系乙女だな~
(そこまで書いていない)
といっていたじゅーしーですが、
いやはや、今巻を読んでみると、これも引っ込めざるを得ませんね。

家事スキルとかはまだいいんですが、
上条さんの右腕を切り落とそうとするアックアに
再戦を挑むことを決意した後の五和はもう……、

鬼や!山姥がおるで!!
的でしたね。

フリウリスピアにコーティングを繰り返し繰り返し施して、
研磨し、研磨しそれを1500回ほど繰り返し戦いに望んだんですよ、
五和さんは。

1500回て!!

山姥が人肉を切り裂き、喰らうために
包丁をしゅりしゅりと昏い想いで研いでいるがごとしですよ!
正直、恋する上条さんのために、軽く度を越していますw

普通の女の子の五和ちゃんはいずこ……。

そんなアックア戦は、女教皇の神裂も参戦。

その戦いの過程で、
彼女の『才能ある者である聖人』故の上から『護ってやろう』
という姿勢での他との繋がり方も、変化が顕れますね。

天草式の面々は、神裂を慕っているのですが、
けれど、その才能差から距離を置かれていることを
寂しく思っていたわけで、
神裂が彼ら天草式に助けを求めたことは、
本当に待ち焦がれた、恐れなど何も気にならなくなる
無上の喜びだったんだな、と感じました。

そして、天草式の総出と、土壇場で駆け付けた彼によって、
最強の敵のアックアは撃破。

しかし、続巻の表紙絵を見るに、
アックアはしぶとく生き残っているのかな?

まあ、今後の展開をじっくり読んで行きましょう。

今後といえば、上条さんに
「あんたが記憶喪失だって、知ってるのよ!」
と告げてしまった美琴ちゃんの今後も気になります。

ラブモードに突入してしまうのか!?

あと、今年はとある無印を全巻読破しよう、
という目標を掲げていたわけですが、
あと2か月を切り、のこりの巻数を考えると、
年内の読破はキツイようです。

まあ、こういうこともありますね。
月2冊ペースを守れなかったからで、当然の帰結。
ここは仕方なしとしましょう。
読み進めるのは継続なんですがね。


ガンダム系が四足歩行獣型に変形!デュオの激闘!







ヴァンの駆る黒いウイングゼロとの交戦。
その最中、
ヒイロに再ダウンロードするために必要なメモリーのひとつを、
五飛とワーロックが握っていることで、
デュオはウイングゼロを相手取りながら、
絶対に敗北が許されない戦いとなる。

そこで、ファザーはワーロックの奥の手をデュオに許可する。
ガンダム系が四足獣型に変形!
ガイアくらいしか知らないんですが、まさかWでとは。

これは、ワーロックがガンプラキット化された時に
ちゃんと再現されるのか、少し見物です。
あの悪魔の翼をもつデスサイズ系ガンダムがですからね。

今巻は、デュオとカトリーヌの駆るフェンリルと
黒いウイングゼロの戦闘の苛烈さも見所なのですが、
個人的にようやく登場したノインが印象にのこっています。

人間とは、否定と肯定の狭間を去来してこそ、
生きていると言える。

そうですよねえ、と妙に肯かされました。
本作も節々で名言が出てきますが、
このノインの台詞は、特に好きなモノとなりました。

さて、あと3巻。どうなることやら。読み進めていきましょう。


相変わらず見事な伏線回収の小説構成です。






その印象を、読んでいてやはり感じましたね。
西尾先生は、推理小説書きでもあるので、
この辺、伏線の蒔き方と回収の書き方が、
本当に見事なんですよね。
この辺、少しでも自分が書くときに意識したいです。

全体を通しては、
各所で過去とは違う人間的な面を発揮する撫子ちゃんは、
引きこもっていても成長したな~、と感じましまた。

なにより、最後の1体に対して諭してやれるようになった彼女……。
撫子ちゃん……。

エピローグで忍にも確認をしていましたが、
もう「ただ可愛いだけの女の子」じゃあないよ!
まだ発展途上だけれど、少しおねえさんになったよ、撫子ちゃん!

そんな、千石撫子の少し前に進みだすエピソードでした。
斧乃木ちゃんの気遣いでとはいえ、ちゃっかり職のクチもみつけてたりw



いうわけで、以上です。

最近は、ガンプラ熱で少し読書量が減っていますが、
それでも今回でどうにか、
今年の読書目標の年50冊を達成しました!
(※趣味本のみであり、
実際にはながしよみした仕事資料本が別にあっての数字です)

週1~10日に1冊ペースでも、
継続すると地味にこの冊数を達成できるんですよね。
読んでいる人にとっては、
それほどでもない数字かもしれないのですが、
まあ自分なりに、です。

では、次回11月分の読書感想で。
やヴぁい、全然読んでない……(;´Д`)





このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 読書感想文

ジャンル: 小説・文学

[edit]