FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

「腰痛対策にバツグンの効果を実感!『背骨コンディショニング』について」 


突然ですが、
先週、2年くらいぶりに腰痛がきました。

元々、前職が肉体労働だったこともあり、
当時からたびたび腰痛に悩まされていました。

転職の2年ほど前には、
あまりの腰痛で杖をついた老人のような姿勢になって
整形外科で診察したところ、
「ヘルニアになりかけていますね」
と言い渡されて、以後激しい運動を避けて生きてきました。
バイクもろくに乗れなくなった始末……(哀)

で、今回、さて腰が痛いぞ、どうしようとなりました。
しかし、また病院に行っても、
湿布を渡されて返されるパターンがなんとなく想像できました。

そこで、自分が情報に触れて知っているモノを、
様子見で試してみようと思ったわけなんです。

そこで今回触れたのが、
去年の夏に、また腰痛になったときの為に、と
本屋で気になって買っておいた書籍。

こちらです。



※画像は商品リンクです。
クリックするとAmazonサイトに飛びます。


日野秀彦さんの、『背骨コンディショニング』




20万人もの人の腰痛を直した、というフレーズ。

事前に書籍を購入していながら、
約1年前は腰が安静だったこともあり、
詳しく内容を読んでいなかった自分。
それで今回、
真偽のほどはどうでしょうか、と半信半疑になりつつも、

取り敢えず、腰を伸ばす傍ら、読んでみました。

なるほど、
腰痛の原因が仙骨の歪みから、
背骨全体の歪みにいつの間にか発展し、
それで歪んで出っ張った分、神経が引っ張られて、
痛みを引き起こす、と。

これを日野さん独自の理論で、
『神経牽引説』
というそうです。


それなりに筋が通っているのでは、
くらいの医学素人っぽい感覚で、
ではなら試しに、この本、『背骨コンディショニング』
の4つの運動もやってみることにしました。

結果をいうと……、
1回の運動でも、驚くほど効果が出ました!


いや、持ち上げてもいませんし、宣伝のための虚偽でもありません。

先週の状態
(5月23日月曜日に腰痛が来て、それから3日、
徐々に机に向かっていられる時間が減っていきました。
水曜日の朝は起床後の予定立てなどで30分机に向かうのもしんどい始末。
それでこれは病院に行こうか、どうしようか、
と考えていたのです)
から、水曜日の昼間に運動をして、夜には
1時間くらい机に向かうのが辛くなくなっていました。

そして、次の日にもう一度念入りに、ゆっくり時間をかけて
背骨コンディショニングの運動(自分は『腰痛ストレッチ』と呼称)
を行った結果、
痛みはほとんどなくなってしまいました。

大抵、一度腰痛になると、
半月以上は悩まされる身の上だったのですが、
これには大変驚きましたよ。

それと同時に、これは特筆の価値あり。
そして、口コミ的に、同じく腰痛に苦しむ方々に教えていくべきだ、
と感じました。
腰痛は国民病で、4人に一人はなっているそうですからね……。


背骨コンディショニングの4つの運動とは。




今回の腰痛があっさりとれた、
背骨コンディショニングを実践してみたのは、
上記の書籍に書かれている
4つの基本運動のみです。

実際に、日野さんご本人による整体矯正や、
彼に指導を受けたトレーナーさんたちによって、
指導を受けてもっと入念な運動と矯正もされるそうですが、
自分はこの本に記載されている4つをじっくり行っただけです。

その内容について、
ダイレクトに文中の画像などを載せることは出来ませんが、
(背骨コンディショニングは商標として登録されています)

しかし、この運動は簡単だよ、
ということを分かってもらうために、
大体を書いておきます。

1つ目 足回し


うつぶせで片足ずつ円を描いて回す運動。
規定回数、左右ともゆっくりで良いので回すだけです。

腰に響いて痛くない範囲の稼働範囲と、
ゆっくりのスピードでオッケーです。

2つ目 坐骨神経ストレッチ


片足ずつ、足を伸ばして筋を伸ばす運動。
規定秒数行います。

3つ目 上体たおし


うつぶせで両肘を起点に、上体を左右に倒す運動です。
これを、左右往復を規定回数こなします。

4つ目 筋力トレーニング


バックキックを負荷を掛けて、両肢ともに行います。
このトレーニングは特に『定期的』な継続が必要になるようです。

仙骨のずれは、仙骨を支えるお尻の筋肉(大殿筋、中殿筋)
を強化しなければ、いずれ姿勢の悪さなどで再び歪みを
引き起こす恐れがあるためです。


関節を緩め、仙骨の歪みを正すこれらの運動をするだけでも、
トレーナーによる矯正や、その為の運動教室に出向かなくても、
結構
(程度によっても継続することで改善するかもしれません)
腰痛の痛みを改善にさせることが出来る実感を得ました。

この効果を体感して腰を楽にするために、

腰痛持ちの方々は騙されたと思って、本書を手に取り、
この腰痛ストレッチを是非是非試してみてください!

本気で、おススメです。




関連のサイトなどのリンクを記載しておきますので、
ご興味ある方は、
覗いてみてください。

一般社団法人 背骨コンディショニング協会
公式サイト⇒
http://www.sebone-c.org/


背骨コンディショニングの開催会場⇒
http://www.sebone-c.com/%E9%96%8B%E5%82%AC%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/


Nスタ 背骨コンディショニング 編集版




背骨コンディショニングの創始者、日野秀彦さんについて見られる動画です。
なかなか面白いお方ですね。

しかし、見掛け関係なく、お世話になり、ありがとうございます(*´▽`*)

これを読んだ誰かが、
腰痛の悩みから解放されて少しでも笑顔になれると良いと、
そう思いつつ、ではでは~。







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ: 医療・病気・治療

ジャンル: 心と身体

[edit]

« 「5月の読書まとめ感想・響け!とある涙の雫と、スティーブン・キングの背骨計画」  |  「自著『舞緋蓮』シリーズ配信第4節開始です」 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hinohana1beauty.blog.fc2.com/tb.php/148-7e4978ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)